女性

爽やかなLIFEを手に入れる|ワキガ治療でシアワセを掴もう

美容医療を知る

医者

保険適用の場合

顔のコンプレックスや体型の悩みを劇的に改善する方法として、美容整形が挙げられます。エステや自宅でのケアと異なり、美容整形は医療行為の一つなので効果が大きく、即効性にも優れています。美容整形外科は他の診療科と料金の面で異なるため、事前に知識を深めておく必要があります。一般的な形成外科では疾患の治療を目的としているため、保険が適用されることがほとんどです。逆に、美容整形外科ではあくまでも美容目的の治療として多くが保険適用外になります。しかし、ワキガや眼瞼下垂など保険が適用される可能性のある治療も存在します。自費負担であることが多い美容整形外科は、料金設定もクリニックによって様々です。自分の希望する料金を尋ねたうえで、保険適用が可能かも相談するようにしましょう。

形成外科との使い分け

美容整形外科と形成外科では、治療法が重複していることが多々あります。しかし、実際は両者とも全く異なる方針の治療を提供している点に注意しましょう。同じ部位を治療するとしても、形成外科では痛みの軽減や症状の緩和に重点を置きます。そのため、傷跡には最大限の配慮が行われるものの、疾患を取り除くためには多少の傷がついてしまうことがあります。一方、美容整形外科ではむしろ傷跡をいかに残さないかが先に考慮されます。何らかの疾患やトラブルの治療だとしても、審美面を常に意識しながら行われるのが美容整形です。形成外科でも美容外科でも受けられる治療があった場合、傷跡などが気にならないために積極的に美容整形を選ぶ工夫を覚えておきましょう。