ウーマン

爽やかなLIFEを手に入れる|ワキガ治療でシアワセを掴もう

美容医療を知る

医者

審美面の治療に特化した美容整形では、ほとんどの治療が保険適用外となります。しかし、一部には保険が使えるものもあり、料金と合わせてクリニックに確認する必要があります。形成外科と同じ内容の治療でも、特に審美面での改善を希望する場合は美容整形を積極的に選びましょう。

詳しく見る

シリコンバッグの挿入

胸元

豊胸手術で挿入されるシリコンバッグは、現在では破れる恐れが少なく、たとえ破れても安全で、手触りも形も従来のものより自然な製品が用いられています。ただしレントゲンには写る可能性があるので注意が必要です。

詳しく見る

悩みを解決しよう

脇

治療をする病院

人は意外にも臭いに敏感な生き物であるため、臭いは人を印象づける大切な要素のひとつです。ワキガは、そんな臭いに大きく影響する厄介なもので、ワキガに悩んでいる方は多いと思います。ワキガを治療しようとすると、一般的には皮膚科または美容外科へ行くことになりますが、自分ではワキガだと思っていてもそうではない場合もあるため、どっちでワキガ治療を受けるにしてもまずは一度皮膚科で診察してもらうのがおすすめです。治療法などについても、皮膚科で医師に相談にのってもらうことができます。また、実はワキガだと診察されるとワキガ治療の際に保険が適用される可能性があります。ですが、ワキガ治療を受ける病院によっては自由診療で健康保険が使用できない場合もあるので、病院を決める際にチェックしておくのがよいです。

メスを入れずに

ワキガ治療と聞くと、どうしてもメスを入れての手術を想像したりしてしまい、躊躇してしまう場合も多いです。もちろんメスを入れての治療法は効果的ですが、最近では肌を傷つけることなく行えるワキガ治療も多く存在します。たとえば軽度のワキガだと、ワキの下に注射することにより汗の量を減らすことのできるボトックス注射などが人気です。さらに、最近ではメスを入れずに重度のワキガを根本から解決から解決する治療法もあります。治療法は簡単で、マイクロ波をワキに照射し、汗腺を破壊するのみです。治療後は多少腫れや痛みがありますが、効果は半永久的ですし使用するマイクロ波は汗腺にのみ反応するになっているので安全で、とてもおすすめです。ワキガ治療でシアワセを掴みましょう。

人工乳房の挿入

バスト

昨今では、人工乳房の挿入による乳房再建を希望する人が増えています。ただしこの方法の場合、まずは5〜6ヶ月かけて皮膚を拡張させることが必要です。人工乳房は柔らかく弾力があるので、挿入後は異物感の生じにくい乳房になります。また、小さく切開するだけで挿入できるので、大きな傷跡を残さずに済みます。

詳しく見る